企業内ストレージ管理|大事なデータが損失してもデータ復旧サービスで回復できる

大事なデータが損失してもデータ復旧サービスで回復できる

企業内ストレージ管理

ネットワーク

ファイルサーバ

企業内で利用する各種電子ファイルの保存場所として、最もお手軽なのは会社内のファイルサーバに格納する事です。ローカルネットワークなのでアクセスも早いですし、セキュリティ的にも堅牢であるといえます。過去、このような社内ネットワーク上でのファイルサーバ運用は一般的ではありましたが、企業の規模によっては遠隔地からのアクセスが必要となる事から、ネットワーク越しにファイルサーバにアクセスするため、機密情報漏洩のリスクを回避するためセキュリティの確保が必要になります。お手軽であった企業内ファイルサーバーは、遠隔地からのアクセスを許可するようになると、途端に運用が面倒になってしまうものです。このような場合の選択肢として法人向けのオンラインストレージを利用する方法があります。オンラインストレージサービスであればセキュリティが提供会社で担保されるため、社内での運用が不要になります。取り扱い業者は複数あるため、各業者の特徴や機能などを確認し、最も用途に合っている法人向けオンラインストレージサービスを選択する事が肝要です。

使用上の注意事項

法人向けのオンラインストレージを使う上で注意する事はいくつかありますが、まず最も優先すべきはセキュリティの担保です。法人向けに提供されるサービスの約款に、どこまでセキュリティの責任を取ってくれるか記載があるはずです。セキュリティの担保が不十分な業者である場合には、料金がお手頃であっても使用すべきでは無いかもしれません。また、選択するオンラインストレージ業者を検討していく中で、企業内でファイルサーバを運用した方がコスト上浮く場合もあるかと思います。しかしながら、社内の人的リソースをそのような運用で取られるぐらいであれば、他の業務を行う方が建設的かもしれません。他でできる事はアウトソーシングし、社内の人間にしかできない事に注力させた方が結果的に企業成長に繋がるのかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加