大事なデータが損失してもデータ復旧サービスで回復できる

HDD不良時のデータ救済

女性

HDDは消耗品です

パソコンや外付けHDDにデータを保存する際には、必ず故障を念頭において使用する必要があります。HDDは消耗品であり、数年で故障が発生しても不思議ではないのです。安心してデータを守る為にはHDDについて、ある程度理解しておく必要があります。HDDが動作しなくなる故障には内部のソフトウェア的トラブルとHDD内部のモーター不良など機械的故障に分けられます。万一の不具合時には、まずHDDが動いているか否かの判断が重要です。きれいな回転音がする場合でしたらソフトウェアに異常があるケースが多く、高い金属音やコンコン、ガガガ、などの異音がしている場合はHDD内部の機械的故障が考えられます。また、NASと呼ばれるネットワーク接続ハードディスクには異常を警告するLED点灯や警告音を発するタイプが多くあります。

HDD使用に関しての注意

HDDには故障が懸念されます。常に故障を想定しデータはバックアップしておく事が重要です。ネットワーク対応のNAS等になりますとデータのバックアップ、万一の際のデータ復旧機能を標準装備した機種も多くあります。(設定とバックアップ機器は別途必要です。)小型のポータブルHDD等はデータの一時的な持ち運びや保存に使う事が前提となりますので、バックアップやデータ復旧を想定した構造ではありませんので注意が必要です。故障の際には、最悪データが消失してしまいます。HDDにトラブルが発生した場合は専門のデータ復旧業者に依頼すれば高い確率でデータ復旧できますが、費用は数万円から、場合により1.000.000円以上になります。データ量などで大きく違います。

データを復元させる

PC

HDDやSSD等の記憶メディアが読み込めなくなった時、データ復元の初動対応としては、以降の書き込みを一切行わない事が肝要であり、それによって復元の可能性を出来るだけ高くします。また、復元業者の選定方法としてはパブリック情報とエンドユーザーのレビューを参考にします。

もっと見る

企業内ストレージ管理

ネットワーク

企業内で扱うファイルサーバーについて、遠隔でのアクセスを想定した場合には、セキュリティ確保の観点から、法人向けオンラインストレージサービスを利用した方が良い場合があります。利用する場合には用途及びセキュリティの担保の観点からサービス提供業者を選定すると良いです。

もっと見る

どこでもメールが見られる

電子メール

ウェブメールは、ウェブブラウザを経由して電子メールの作成や過去のメッセージの閲覧ができるサービスです。普段使用しているパソコンが手元になくても送受信が可能なうえ、メッセージはサービス事業者のサーバに保存されるため消失や漏えい等のリスクが減少します。

もっと見る

このエントリーをはてなブックマークに追加