データを復元させる|大事なデータが損失してもデータ復旧サービスで回復できる

大事なデータが損失してもデータ復旧サービスで回復できる

データを復元させる

PC

アクセスできなくなった時

データ復元を行う上で最も肝要なのはデータを削除してしまったり、データの読み取りができなくなった時の対処です。どんな状態でもデータ復元ができるとは限りませんし、100%復旧できるとはどのような復元業者でも言えないはずです。しかしながら復元の確度を上げる事は可能で、それはまさにデータ欠損や読み込み不能時の対処にかかっています。その対処の方法とは記憶メディアへの書き込みを一切行わないという事です。データの読み取りができない状態とは、論理的にデータが削除された場合か、ハードウェアの異常による物理的に読めない場合のいずれかになりますが、いずれにしても復元する上ではデータへのアクセス不能となった時点がもっとも確度が高く、逆に不要なデータ書き込みを行ってしまうと復元できなくなる可能性が高まります。

復元業者の選定

データ復元をおこなう上で業者の選定が必要になりますが、復元の技量およびノウハウがどの程度あって、またそれに見合う料金であるかを見極める必要があります。まず業者を選定する上でパブリックな情報から比較する事が肝要です。事業年数が長ければ長いほど信頼性は高まるでしょうし、株式への上場やISO認証取得などをしている業者であればさらに安心度が増すかと思われます。また、復元対象の記憶メディアの種類やサービス内容を比較する事も重要です。あまりに簡素なサービス内容しか開示されていない業者は少し不安があります。パブリック情報からある程度業者の絞り込みが出来れば、次はエンドユーザーのレビュー情報を検索して参照すると良いでしょう。最後に、データ復元にはそれなりの料金がかかりますので、復元するデータの重要度に見合うかどうかも見極める必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加