どこでもメールが見られる|大事なデータが損失してもデータ復旧サービスで回復できる

大事なデータが損失してもデータ復旧サービスで回復できる

どこでもメールが見られる

電子メール

専用ソフトが不要に

近年、ビジネスの世界において普及が進んでいるウェブサービスに、ウェブメールがあります。ウェブメールは、いつでもどこからでも電子メールの送受信ができるサービスです。一般的な電子メールの場合、メッセージの送受信はパソコンにインストールしたメールソフトを使って行います。また、受信したメッセージもそのパソコン内に保存されます。これに対してウェブメールでは、ウェブブラウザを使ってメッセージの作成・送受信・閲覧ができます。各メッセージはサービス事業者のサーバ内に保存されます。ウェブメールは、大手インターネット事業者が提供する個人向けのフリーメールサービスでは標準仕様となっています。ビジネス向けには、セキュリティ対策を強化した有償版のサービスが多くの事業者から販売されています。

操作はすべてウェブ経由

ウェブメールの最大のメリットは、インターネットに接続できる環境があればどこからでも操作が行えることです。通常の電子メールであれば、会社のパソコンに保存したメールを自宅で閲覧したり、メールサーバへの接続設定がなされていないパソコンでメッセージを送受信したりすることはできません。しかしウェブメールであれば、ウェブブラウザを開いてサービスの提供されているページにアクセスし、IDとパスワードを入力するだけで過去のメールをすべて閲覧したり、新しいメッセージを作成したりすることが可能です。万一事故等によってパソコンが破損しても、メッセージが失われることはありません。コミュニケーションの利便性が向上するだけでなく、情報の安全性も高めることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加